5月の読書会

皆様、いかがお過ごしでしょうか。水世絃です。

あっという間に暑くなってきてしまいましたね。熱中症などに気をつけていきましょう!

 

さて、今回は5月の読書会についてです。有栖川有栖先生の『ロシア紅茶の謎』で行いました。

犯罪学者の火村と推理作家のアリスのコンビが登場する作品で、国名シリーズの第一巻です。私はこの二人が登場する作品が大好きで、短編も長編もいつも楽しく読ませて頂いてます。この国名シリーズで強く印象に残っているのは、『インド倶楽部の謎』でしょうか。あやしげな雰囲気で面白かったです。

会ではそれぞれの短編についての話題が出ましたが、特に強烈な印象に残っているのは表題作「ロシア紅茶の謎」と言っている人が多くいました。私も犯人の大胆な行動に驚きました。挑戦しようとすら思いませんね……。怖すぎます。また、「ルーンの導き」、「屋根裏の散歩者」、「赤い稲妻」などに言及する人もいました。それぞれ注目する点が異なり、なるほどそういう見方もあるか!と面白い発見もありました。

皆様もぜひ、国名シリーズや火村・アリスコンビが活躍する作品をお手に取ってみてくださいね!

 

では、今回はこのあたりで失礼します。ここまでお付き合い頂きありがとうございました!

4月の読書会

皆様、いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです。水世絃です。

もう4月も終わってしまいましたね……。今更ではありますが、一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 

さて、ミス研では、オンラインにて説明会を行い多くの方にご参加頂きました。ありがとうございました!

また、読書会もオンラインで開催しました。久しぶりでしたが、とても楽しい読書会でした!

課題本は、綾辻行人先生の『十角館の殺人』。私がミス研に入って一番最初の読書会もこの本でしたので、とても思い出深い一冊です。前回も今回も一晩で一気読みしまして、何度読んでも面白いなあと感じました。館シリーズはほとんど読み進められていないので、これを機に読んでいこうと思います。もしオススメの「館」がありましたら、ぜひ教えてくださいね!

会では色々な話が出ましたが、それを書くとネタバレになってしまいそうだ……、とこの日記を書きながら頭を抱えています。かなりぼかしますと、伏線や挿絵について、また時系列を整理しながら読むのは頭使うよね、といった話が出ました。(私はとある人物の殺害方法が怖すぎてめちゃくちゃ印象に残っているという話をしたのですが、あまり共感は得られませんでした。残念!)

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。皆様もぜひ、『十角館の殺人』お手に取ってみてください!

そして、まだまだ不安な世の中ではありますが、ぜひお体にお気を付けてお過ごしください。最後までお付き合い頂きありがとうございました!

通信販売再開のお知らせ

このたび、4月から休止しておりました通信販売を再開することとなりました。大変お待たせしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

販売を行います商品は、次の5点でございます。

【会誌:『MysPhilia』】

・Vol.19 (テーマ:名探偵) (2017)

・Vol.20 (テーマ:館) (2018)

・Vol.21 (テーマ:見立て殺人) (2019)

【推理劇DVD】

・「幽霊は雨に濡れるのか?」(2017)

・「霧が晴れたら」(2018)

〈追記〉推理劇DVD「愛も凍る for rest」(2016)は、在庫確保が難しくなってしまったため販売を終了させて頂きます。誠に申し訳ございません。

【方法】
通信販売をご希望される方は、当ホームページのメールフォームhttp://mcs.xrea.jp/mail_form/より、
①お客様の振り込み名義
②配送先の住所
③連絡の取れるメールアドレス
④ご注文の商品名 及びその個数
⑤その他ご要望

をご記入の上送信ください。確認の上、こちらからご連絡いたします。

【ご請求金額】
・会誌一冊200円、DVD一枚300円となります。配送方法は日本郵便のクリックポストを予定しており、送料は一件200円とさせて頂いております。〈会誌一冊・推理劇DVD一枚〉をセットでお買い求めいただく場合は一組700円(送料込)となります。(おまとめ買いだと、送料が1件分ですみます。)  ※一度に会誌二冊以上ご注文の場合、郵送の規格が変わる関係で送料に変更が生じることがございます。ご相談ください。

・振り込み口座はゆうちょ銀行のみとさせて頂いております。ご了承頂けますようお願い致します。なお、振込手数料は負担しかねます。

 

【ご注意】
・当商品は外部委託による製本ではなく、会員による手綴じで作られております。その為製品の出来に多少のばらつきがございますことをあらかじめご了承ください。

・製品の確認はしておりますが、万が一の落丁・乱丁はお取替えいたしますので、お手数ではございますがご連絡いただければ幸いです。

・商品数には限りがございます。品切れの場合は販売を終了とさせていただきます。ご容赦ください。

・当方で作成するDVDはDVD-Rを使用しております故、DVD-Rの再生に非対応の機器での動作は保証致しません。お客様の保有している機器の取扱説明書などで、DVD-Rが再生可能であるかどうか予めご確認下さいますようお願い致します。また、一部の機器で画像の乱れや音飛びが起こる場合があります。ご了承ください。

 

今年度の会誌『MysPhilia Vol.22 (テーマ:学園)』につきましては、印刷が難しい状況が続いておりますため、データ版を本サイトにて無料配布する予定です。また、2019年の推理劇DVDは、現在鋭意制作中でございます。お待たせしてしまい、申し訳ございません。

何か気になることがございましたらお問い合わせください。よろしくお願い致します。

埼玉大学推理小説研究会

9月・10月の読書会

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

あっという間に10月も終わり、一年過ぎるの早すぎない・・・?とカレンダーを眺めて戦慄しております。

 

さてさて、9月と10月、それぞれオンラインで読書会を行いました。当サークルでは初(?)の試みでしたが、これまでの読書会同様、様々な意見が出て盛り上がりました!

まず、9月の読書会について。課題本は赤川次郎『死者の学園祭』でした。私水世は残念ながら参加できませんでしたが、登場人物の思惑や行動、事件の鍵となる道具にも注目した意見が多く出たそうです!また、映画化もされている作品で、こちらに関する話題もあったとお聞きしました。もちろん、推しキャラの話も・・・・・・!

私がこの本を最初に読んだのは小学生くらいのときでしたが、今改めて読むと、また違った視点で読めてとても面白かったです!

そして、10月の読書会は、東川篤哉『放課後はミステリーとともに』で行いました! こちらは短編集ですので、一つ一つの短編について気づいたことを話し合いました。物語の随所にフフッと笑えるネタが数多く散りばめられていて、そのネタについてももちろん議題に! また、それぞれのトリックについて、実際にできそうか? といった視点でも話し合いました。本当に様々なトリックが出てくるので、興味を持った方はぜひお読みください!

 

以上、読書会のご報告でした!

この二つの読書会については、ただいま詳細をまとめたレポートを作成中です。発行を検討中の会誌「MysPhilia Vol.22(仮)」に掲載予定です! 詳しいことが確定次第HP等にてお知らせ致します。

それでは、今回はこの辺で。読んで頂きありがとうございました!

これからどんどん寒くなっていくかと思いますので、どうぞお体にお気を付けてお過ごしください~。

第71回 むつめ祭 中止等のお知らせ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。久々の更新になってしまい申し訳ありません。

皆様に2点、お知らせがございます。

 

【むつめ祭について】

毎年11月に開催されておりました埼玉大学の学祭 むつめ祭 ですが、今年度の「第71回 むつめ祭」は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。それに伴い、当サークルが行っておりました「犯人当て推理劇」も中止となります。楽しみにして下さった方々にご迷惑をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。

 

【通信販売について】

4月から受付を停止しております通信販売についてですが、大学からのサークル活動自粛要請などにより現在も在庫の確保が難しい状態が続いていますため、今後も停止措置を継続致します。

通販再開については現在検討中でございます。また、今年度の会誌「MysPhilia vol.22(仮)」は、販売を予定しておりますが販売方法について合わせて検討しております。再開する際にはHPやTwitterでお知らせ致しますので、今しばらくお待ちください。

 

以上、お知らせ2点となります。大変心苦しく思いますが、ご了承頂けますと幸いです。何か気になる点がございましたら、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

それでは、まだまだ暑い日が続きそうですが、熱中症などにお気を付けてお過ごしください!